バックステージパス(スタッフシール)製作ならバックステージパス屋ヘ

私たちバックステージパスの屋は、バックステージパスの専門店です。バックステージパス(スタッフシール)の製作ならバックステージパスの専門店までの商品案内
60mm×90mm1色印刷
60mm×90mm2色印刷
75mm×100mm1色印刷
75mm×100mm2色印刷
50枚からの小ロットフルカラーパス
フルカラー印刷
既製品
再版・追加のご注文
オプション

チケットバンド専門店



※弊社HP上で「顧客登録」をしていただいてから、それぞれの入稿内容でご注文ください

完全デジタルデータ入稿の発注手順
  1. ページ下にあるWEB入稿用「ひな形フォーム」をダウンロードします。
  2. 「ひな形フォーム」は注文書下欄にテンプレート@Aありますので、ご注文のサイズの方をコピーして入稿用のデザインデータを作成してください。
    ※データ作成の前に、下記の「データ入稿時の注意事項」をご一読ください。
  3. 注文書に必要事項を記入し、作成したデザインデータを下欄に添付してメールを送信してくだい。
  4. 当社でデータを確認後、発注確認のメールが送信します。問題なければ、このまま進めます。
  5. デザイン変更のアドバイスなどがある場合は、お客様の了承が取れ次第制作に入ります。
データ入稿時の注意事項

■データ入稿できるファイル形式
◎Macintosh、WindowsともにIllustratorとPhotoshopデータになります。
■デザイン時の注意事項
◎サテン布への印刷ですので、インクのにじみが生じます。小さい文字、繊細な模様、文字間や行間の込んだ箇所、細い罫(とくにベタ面の白抜き罫)などはつぶれ、かすれが生じる場合があります。
  修正前
   
  修正後

つぶれやすい文字のイメージです。
ベタ面の細い白抜きは修正をお願いすることがあります。
◎フォントはゴシックなどの太めではっきりした書体がオススメです。
◎仕上がりまで色がある「裁ち落とし」デザインの場合は、仕上がりより上下左右3mmずつ(外トンボまで)はみ出したデータを作成してください。
◎文字や囲み等は仕上がりサイズから上下左右3mmの余白を設けて配置してください。

裁ち落としと余白のイメージです。
裁ち落としは仕上がり(点線)の外、文字等は3mm中に入れてください。
仕上がりギリギリに配置したオブジェクトは欠ける場合があります。
◎入稿後、当社にてデザインをチェックし、ご変更のアドバイスをさせていただく場合がございます。
◎バックステージパスは基本的に1色印刷がオススメです。
2色印刷の場合は以下の点にご注意ください。
2色印刷した場合の拡大写真です
2色が合わさった部分がにじんではみ出ています
厳密なデザインには向きませんのでご注意ください
■Adobe Illustratorで入稿する場合の注意事項
◎フォントはすべてアウトライン化してください。
◎不要なレイヤーは削除してください。
◎特色の指定は、必ず「DICカラー」や「PANTONE」等で色指定してください。
◎DICカラーがよく分からない場合は、CMYKで作ってください。当社にて近似色に変換いたします。
◎バージョンはCCまで対応しています。
■Adobe Photoshopで入稿する場合の注意事項
◎画像解像度は原寸で350DPI以上(または60×90mmの場合で幅と高さが1000ピクセル以上)にしてください。小さい文字等がある場合は600〜1200DPIを推奨します。
◎アルファチャンネルは全て削除してください。
◎不要なレイヤーはすべて削除し、レイヤーを1つに統合してください。
◎Photoshopで特色の指定はできません。1色(グレースケール)でデータを製作し、DICカラーをご指定ください。
◎保存形式は、圧縮をかけないTIFF形式で保存してください。
◎保存したTIFFデータは、Illustratorのひな形フォーム内に100%原寸サイズで配置し、Illustrator形式(ai形式)で保存してください。
◎Illustrator データとPhotoshopデータ両方をメールに添付して送信してください。

ひな形フォームダウンロード


「ordersheet.ai」はAdobe Illustratorのバージョン8形式になっています。
ダウンロードの際、拡張子が「.ps」に変換される場合があります。ダウンロード後、拡張子を「.ai」に変更してください。